後味の悪い話

【後味の悪い話】オーヘンリー『魔女のパン』

スポンサーリンク

787: 本当にあった怖い名無し:2009/06/06(土) 05:20:59 ID:KO6wNbh+0
高校の教科書にあったちょっと古めの外国の小説

とあるパン屋で働くおばさんがいた。
ある日若い男が安い古パン(硬くなったパン)を買いに来た。
次の日も次の日も毎日買いに来てくれて、親しく世間話をする仲に。
そして、おばさんは次第に若い男に惹かれて恋心を抱き化粧もするようになる。

いつも必ず安いパンを買っていくので、おばさんはあの人は貧乏なのだなと想像する。
貧乏なので画家なのかな?と思ったおばさんは店に飾ってある絵について聞くと
「作者は知りませんが遠近法が間違っていますね…」
と答えてくれたので、「ああ、やっぱり貧乏な画家で夢を追っているんだな」と考えた。

おばさんは男に少しでも喜んでもらおうと、ある日こっそり古パンにバターを塗って渡した。
あの人はそれを食べてどう思っているだろう?喜んでくれるかな?
私の気持ちに気付いてしまうだろうか?

そんな感じでドキドキしながら仕事をしていると、突然あの男が店に怒鳴り込んできた。
「おい、ババア!なんて事してくれるんだ!」
そう叫びながら掴みかかる男に呆気にとられていると男の友人が止めに入り男を連れだした。

しばらくすると落ち着いたのか、その友人が店に入ってきて事情を説明してくれた。
「私と彼は建築業をやっていまして、企業へ見せるための設計図の下書きを作っていたのです。
 いつも買っていた古パンは設計図の誤った線を消すために使っていました。
 しかし、あなたが混ぜたバターのせいで完成間近の設計図はグチャグチャに…
 新しく書こうにも、企業が応募してた期日までには間に合いません。
 それで彼はあんなにも怒っていたのです」
そこまで言うと彼は去っていった。そして、おばさんは窓から化粧道具を投げ捨てた。

こんな感じで終わる話
貧乏=画家(芸術家)、古パン>消しゴムなのは昔視点でピンとこなかったけど、
後味が悪いながらも何度も国語の教科書を読み返した好きな話

791: 本当にあった怖い名無し:2009/06/06(土) 08:39:59 ID:h1hMRe4D0
>>787
「オーヘンリー 魔女のパン」
でぐぐると全文読める

-後味の悪い話

© 2022 サンブログ